セカンドパートナーとは?友達以上恋人未満で体の関係はない存在?

セカンドパートナーとは?友達以上恋人未満で体の関係はない存在?
  • SHARE

最近“セカンドパートナー”という言葉をよく耳にしませんか?

新たな人間関係の形といえるセカンドパートナーについて、深掘りしてみました。

賛否両論叫ばれているセカンドパートナーとは、一体どのようなものなのでしょうか。

セカンドパートナーとはどんな存在?

セカンドパートナーとはどんな存在?

セカンドパートナーとは、配偶者(夫・妻)とは別に性的関係を持たない、友達以上恋人未満の関係のある人を指します。

つまり心の繋がりを大切にする、プラトニックな関係と言えます。お互いのことを誰よりも理解しあい、心で深く結びついていくので、精神的な満足度は非常に高いです。

「友達と何が違うの?」と疑問に思いますが、セカンドパートナーとは友達ではなく恋愛に非常に近い関係なので、親友を飛び越えた愛情がそこにはあります。

なぜセカンドパートナーをつくるかというと、配偶者では得られない部分をセカンドパートナーで補いたいという気持ちがあるからです。

配偶者と離婚するまでには至らないけど、他に支えとなるパートナーが欲しいという思いに至るのです。

例えば、配偶者には話せない悩みや相談を言えたり、長い結婚生活で感じなくなったトキメキや心の拠り所になってくれます。

そうした満たされない気持ちを、セカンドパートナーが埋めてくれます。

セカンドパートナーは不倫ではない?

セカンドパートナーは不倫ではない?

配偶者以外の人と精神的に繋がるという関係性ですが、セカンドパートナーは不倫に該当するのでしょうか?

答えはかぎりなく不倫に近いですが、不倫ではないという見解で事を収めている人が多いようです。

というのも、セカンドパートナーとハグや手を繋いだりすることはあっても、キスやセックスなど性的な関係までには至らないからです。

なので、その一線を越えてしまった時点で不倫という判断が下されます。

しかしながら、配偶者にしてみれば肉体関係がなかろうと、セカンドパートナーの方に心を寄せているのだから不貞関係であると思われるケースもあるでしょう。

一方で、配偶者公認のセカンドパートナーがいる夫婦もいるらしいので、一概には何とも言えないのが難しいところです。

セカンドパートナーをつくる男性の心理とは

セカンドパートナーをつくる男性の心理とは

愛人とはまた違う、セカンドパートナーという特殊な存在をつくる男性心理として、以下が考えられます。

寂しさを解消したい

配偶者がいるとはいえ、子供がいれば妻はそちらにかかりきりに。夫の相手どころではありません。

そういった寂しさからセカンドパートナーという存在に愛情を求めるようになります。

男として見られたい

結婚すると彼女は恋人ではなく、人生を共にするパートナーとなります。

いつまでも恋人だった頃のようにラブラブな結婚生活を送りたいですが、なかなかそうはいきません。

性的対象の異性ではなく、家族として見られることが多くなるので、「一人の男として見られたい」という願望が湧き上がってくるのでしょう。

刺激がほしい

仕事と家庭の往復で毎日がつまらないと感じる男性も多いでしょう。

そこでセカンドパートナーがいれば、今まで感じたことのない価値観やドキドキするなどの新鮮な感覚に、日常を忘れることができます。

罪悪感が少ないから

セカンドパートナーはギリギリ不倫に当てはまらないので、不倫よりも罪悪感を感じることなく関係を持てるメリットがあります。

なので、若い頃に感じた新鮮なトキメキやドキドキを純粋に楽しむことができます。

セカンドパートナーとのLINEについて

セカンドパートナーとのLINEについて

セカンドパートナーと関係を築いていくためには、密なコミュニケーションが重要です。

会えないときにもお互いに心を通わせるために、LINEなどの連絡ツールで頻繁に連絡を取っている人がほとんどではないでしょうか。

ですが、配偶者と一緒にいるときにセカンドパートナーと連絡を取るのはタブーと言えます。

配偶者にバレる可能性が高まりますし、一緒にいるのにスマホに夢中になっているのは夫婦としてマナー違反です。

セカンドパートナーと良い関係を保っていくためには、夫として、妻としての責務を果たすことも大切です。

セカンドパートナーとキスはあり?

セカンドパートナーとキスはあり?

先述でもお伝えしたとおり、セカンドパートナーとは肉体的な関係は持たないのが基本です。

なので、キスは性行為にあたるのでNGです。

キスをしたら最後、さらに深く相手と繋がりたいという欲求が出て、自分も相手も気持ちを抑えられなくなってしまいます。

そうなったら、肉体関係を至るまではあっという間でしょう。

セカンドパートナーという関係ですらかなりグレーゾーンなのに、さらに踏み込んだ行為はアウトと判断して間違いありません。

 

セカンドパートナーが独身でも大丈夫?

セカンドパートナーが独身でも大丈夫?

セカンドパートナーのほとんどの場合は、お互いが既婚者であることです。

しかしながら、相手がもし独身だった場合、現在の婚姻関係を破綻させる脅威になるかもしれません。

なぜなら、セカンドパートナーとは性的関係を持たず、現在の婚姻関係を破綻させない存在でなくてはいけないからです。

独身側にとっては、セカンドパートナーなどというややこしい関係に縛られる必要がないので、あなたともっと繋がりたいと願って、要求が止まらなくなるでしょう。

はじめはセカンドパートナーのポジションに甘んじていたとしても、将来気が変わって結婚したくなったり、性行為に及ぶ可能性だって出てきます。

なので、お互い既婚者なら超えてはいけないボーダーラインを分かっているので、万が一を防げる確率が高くなります。

独身のセカンドパートナーはナシと言い切れるのではないでしょうか。

  • SHARE

関連記事

カテゴリー