【女性&初心者向け】バッティングセンターのコツを伝授!“当たらない”が“打てる”にすぐ変わる

【女性&初心者向け】バッティングセンターのコツを伝授!“当たらない”が“打てる”にすぐ変わる
  • SHARE

「女の子だってストレスをバッティングセンターで発散したい!」
「バッティングセンターに行っても当たらないから逆にストレスたまる」

バッティングセンターに行ったことがある女子なら、一度は思ったことがあるはずです。

実はバッティングセンターのコツはとてもシンプル

そのコツを知らない人が多いと感じたので、今回は超簡単にバッティングセンターで簡単に当たるようになるコツをお伝えします!

もちろん、運動が苦手な女の子でも打てるようになる方法なのでご安心ください!

この記事を参考にしてもらえれば、野球やソフトボールの経験がなくとも当たるようになりますよ。

私も昔はバッティングセンターに行ってもコツが分からず、全然当たりませんでした……。

でも、ある日とあるコツをつかんでからは、面白いようにボールにバットが当たるようになりました。

不思議なもので、バッティングセンターはコツが分からず当たらないとストレスがたまるのですが、コツが分かって当たるようになるとストレス解消になります!

余談ですがバッティングセンターは身体全体を使うのでいい運動にもなりますよ!もしかしたらダイエット効果も期待できるかも!(笑)

この記事を読んでくれた女の子がバッティングセンターのコツをつかんで、心身のストレスを発散することができればうれしいです。

当たらない女子は必見! バッティングセンターのコツ&注意点をご紹介

当たらない女子は必見! バッティングセンターのコツ&注意点をご紹介

ではバッティングセンターのコツについてご紹介します。当たらないバッティングから卒業するために、ぜひやってほしい1つのことに注目してみました。

バッティングセンターのコツは軽くバットを振ること!?

女性の皆さんにバッティングセンターのコツでやってほしいことは、たった1つ!

ズバリ!軽くバットを振ってボールに当てることだけ考えるです。

バッティングセンターで力いっぱいバットを振っている人をよく見かけますが、初めてのバッティングなのに、力いっぱいバットを振ってもボールには当たりません

意外なことに頑張れば頑張るほど、バッティングセンターではボールにバットは当たらなくなってしまいます。

またホームランを狙って、よ~~~~~くボールを見ながら打つのもおすすめできません。

バッティングセンターでボールを見ることはもちろん大切なのですが、よ~~~~~く見て当たるなら全員打てるようになります。

バッティングセンターでのコツは、ボールは大体で“あたり”をつけて見るくらいで大丈夫です!

バッティングセンターで当たらない女性に、きれいなフォームで打つことやボールをよく見ることが大切という人がいます。

しかし、女性がボールをバットに当てるという点において大切なことは軽く振って当てることです。

野球経験者であれば、バッティングセンターでコツを使わずともきれいなフォームで打つことが出来ますが、初心者がいきなりきれいなスイングをするのは難しいと思います。

それに比べて今回ご紹介したバッティングセンターのコツはとても簡単!

軽く振ればバッティングのフォームも崩れないで、きれいにバットを振ることが出来るので、バットにボールが当たらないということは格段に無くなるのです!

また「軽くバットを振ったボールなんて、全然飛ばないんじゃないの?」と思う方もご安心ください。

実はバッティングセンターのボールは、普段野球で使うボールと違って、当てればそれだけでボールが飛ぶようにできています。

普段野球で使っているボールはピッチャーが投げた時に回転がかかりやすく、打っても遠くに飛びづらいのです。

ですが、バッティングセンターのボールはツルツルで、回転がかかりにくいので当てるだけで遠くに飛んでいきますよ!

ちなみに野球の経験者でバッティングセンターに行くと調子を崩す人がいますが、これはツルツルの飛びやすいボールの打ち方は、本来のボールの打ち方とは異なるため、調子を崩すのだと思います。

もし一緒に行った男性が野球経験者で、調子が悪そうだったら教えてあげてくださいね!(笑)

ホームランを打ちたい人も軽く振ってバットに当てるだけで、ホームランになる可能性は十分にあります!

繰り返しますが、バッティングセンターでは軽く振り、バットにボールを当てることを最優先してくださいね!

ちょっと上級者向け!バッティングセンターのコツ

これは少し上級者向けですが、バットを振る時にアゴが上がらないようにすると、より打ちやすくなります

要は顔が上を向いたら、安定してバッティングが当たらないようになってしまうのです……。

バッティングは身体全体で行うため、足をどうするとか、腕をどうするとか、たくさん考えなければならないのですが、バッティングセンターでより安定して当たるために、顎が上がらないようにバットとボールが当たる瞬間に顎を下に向かせることを意識してみてください

アゴが下がっているということは、ボールを目でとらえられ、身体がしっかりと安定していることを表す1つのサインなので、バッティングセンターで安定してボールに当たるようにしたい女性はぜひ意識してみてください!

バッティングのコツとは逆!ますます当たらなくなるNG行為2つ

バッティングセンターのコツとは逆!ますます当たらなくなるNG行為2つ

続いては、当たらないバッティングの特徴をお伝えします。

先程お伝えしたように、野球経験者でいつものバッティングなら当たるのに、バッティングセンターだと途端に当たらないということもあり得るのです。

では、当たらない特徴とは一体何なのか?そのタブーな行為を順番に見ていきましょう!

バッティングのコツとは反対に当たらなくなる特徴①

先ほどバッティングセンターで打てるコツをお伝えしました。反対にバッティングが当たらないコツ(笑)をご紹介します。

バッティングセンターで当たらないコツ1つ目はバットを思いきり振ることです。

これはバッティングのコツのあるあるなのですが、バッティングセンターでバットは思いきり振っても当たりません。※もちろん経験者の方なら歩ある程度当たります。

初心者や久しぶりの方でつい気合が入って、思いきりバットを振りたくなる気持ちも分かります。

しかし慣れていない人がバットを力任せに振ろうとすると、顎が上がりボールから目が離れてしまうのです。

ボールから目を離すと、当然バットに当たらないので疲れだけが残る結果になってしまいます。

あくまでも当てるコツは軽く振ってボールに当てることです。

無理に思いきりバットを振ってしまうと、ケガに繋がる恐れもあるので気をつけてくださいね。

バッティングのコツとは反対に当たらなくなる特徴②

2つ目のバッティングの当たらないコツは、スイングした後に足元がぐらついてしまうことです。

バッティングセンターでのコツはスイングした後に足元がふらふらとせずに、地面に踏ん張っている状態を作れることなので、当然といえば当然ですね!

これも先ほど少しお伝えしましたが、バッティングセンターで当たらない人ほど足元がぐらつきます。

せっかく勇気を出してホームベースの近くに立ったのに、スイングをして後ろに下がってしまっては、バッティングを台無しにしてしまいます。

なので、バッティングは足元がとても大切

足元が崩れると体制が崩れてしまい、必然的にバットとボールの距離が離れて当たらなくなってしまいます。

バッティングセンターでなかなかボールが当たらない人がいたら、ぜひ観察してみてください。

おそらく足元がぐらついていたり、スイングした後に元の位置から離れている人が多いはずです!

 女性や子供でも安心!バッティングセンターで打てるコツまとめ

今回は女性もできる超簡単なバッティングセンターで打てるコツをお伝えしました。

バッティングセンターは男性だけが楽しむ場所ではありません。女性もコツさえ掴めば、とっても楽しい場所なんですよ。

まずは今回お話したバッティングセンターのコツだけを最低限守るようにして、バットにボールが当たらないという状態を抜け出しましょう!

女性の皆さんがバッティングセンターのコツを守って、バッティングセンターで楽しくストレス発散ができますように!

  • SHARE

関連記事

カテゴリー