沖縄本島の女子旅でおすすめなホテル&観光スポット20選!

沖縄本島の女子旅でおすすめなホテル&観光スポット20選!
  • SHARE

青い空、澄み渡る広い海……沖縄は女子旅の旅先として人気の観光エリアです。

人気のマリンレジャーやショッピング、異国情緒を感じさせる街並み、沖縄グルメ、そして世界遺産など、見所たっぷりの沖縄での女子旅は夢が膨らみます。

そこで今回は沖縄で女子旅を満喫するためにおすすめする、ホテル&観光スポットを一挙ご紹介!

旅のプランを計画するときの参考にしてみてくださいね。

沖縄本島の女子旅でおすすめしたいホテル

沖縄は観光スポットが目白押しというだけあって、有名高級ホテルや若者に人気のリゾートホテルまで、さまざまな宿泊施設があります。

数ある沖縄のホテルの中で、ぜひチェックしてほしいホテルをピックアップしました!

①沖縄女子旅ホテル:ハイアットリージェンシー那覇

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hyatt Regency Naha Okinawa(@hyattregencynahaokinawa)がシェアした投稿

沖縄の定番観光スポット、国際通りからすぐのハイアットリージェンシー那覇は、ラグジュアリーで洗練された空間を楽しみたい女子にうってつけ!

那覇市で一番の高さを誇る地上18階建てのシティリゾートホテルで、ゆったりくつろぎながら、非日常感を堪能できるホテルです。

宿泊する際にぜひ利用してほしいのが、宿泊者専用のリージェンシークラブラウンジ。クラブルームとスイートルームの宿泊者が利用できるラウンジで、最上階にあるため抜群の景色が堪能できます。

美しいサンセットを臨みながら、優雅なひと時を過ごしてみませんか?

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-20

電話番号:098-866-8888

公式サイト:ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄 【公式】

②沖縄女子旅ホテル:オクマ プライベートビーチ&リゾート

この投稿をInstagramで見る

【公式】オクマ プライベートビーチ & リゾート(@okumaprivatebeachandresort)がシェアした投稿

定番の那覇や名護を訪れたことがある人は、いつもと違うエリアに足を運んでみませんか?

そこでピックアップしたのが、沖縄本島の北端に位置するオクマ プライベートビーチ&リゾート。沖縄のダイナミックな美しい自然を感じたいなら、オクマリゾートへ!

那覇から車で100分、都会の街並みから沖縄の原風景へと移り変わる景色を眺めながら、国頭村へ向かいます。
※那覇からシャトルバスの運行もあるので、ご安心を♪

2018年に40周年を迎えた歴史あるホテルですが、2017年には大改修も行われ、新しく生まれ変わったリゾートホテルです。ホテルの目の前には、エメラルドグリーンの海が広がり、リゾート感満載の風景が広がります。

客室はすべて広大な敷地に点在するコテージタイプの客室。プライベート感を重視したいならオクマリゾートで決まり!

住所:沖縄県国頭郡国頭村奥間913

電話番号:0980-41-2222

公式サイト:オクマ プライベートビーチ&リゾート

③沖縄女子旅ホテル:リーガロイヤルグラン沖縄

この投稿をInstagramで見る

リーガロイヤルグラン沖縄(@rihgaroyalgranokinawa)がシェアした投稿

立地を重視するなら、リーガロイヤルホテル沖縄をチェック!なんと那覇空港からモノレールでわずか10分という好立地にあります。

観光地にもすぐにアクセスできるので、ホテルを拠点に観光スポットをたくさん回りたいという方におすすめです。

また、宿泊の楽しみのひとつといえば、朝食ですよね。

沖縄県内のホテルのなかでトップ評価を得ていて、食通もうならせる美味しい朝食がいただけます。沖縄の食材をふんだんに使ったSNS映えな朝食と、壁全体に描かれたアートを眺めながら、目も舌も美味しい朝食を味わってみてください。

住所:沖縄県那覇市旭町1-9

電話番号:098-867-3331

公式サイト:リーガロイヤルグラン沖縄

④沖縄女子旅ホテル:ルネッサンス リゾート オキナ

この投稿をInstagramで見る

【公式】ルネッサンスリゾートオキナワ(@renaissanceokinawaresort)がシェアした投稿

マリンアクティビティのプログラムが豊富なルネッサンス リゾート オキナワ。定番のバナナボートやビーチでのヨガ体験、そして可愛いイルカと触れ合えるプログラムなどがあるんです!

沖縄でどんな旅を楽しむか未定の方は、これらのアクティビティを活用するのも1つの手です。
※アクティビティの催行・内容は公式HPをご覧ください。

また、2020年12月にリニューアルしたばかりなので、館内・施設はどれもピカピカです♪

女子旅はもちろんのこと、家族とも楽しめる宿泊施設なので、女子旅で気に入ったら家族ともぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2

電話番号:098-965-0707

公式サイト:ルネッサンス リゾート オキナワ

⑤沖縄女子旅ホテル:星のや沖縄

この投稿をInstagramで見る

HOSHINOYA|星のや(@hoshinoya.official)がシェアした投稿

一度は宿泊してみたいと憧れる星野リゾートから、星のや沖縄が2020年にオープンしました。

海を臨むラグジュアリーリゾートをテーマに、海岸線に寄り添うように建物が立ち並び、暮らすように滞在できるホテルです。

グスク(沖縄の遺跡で城)をモチーフとした壁「グスクウォール」に囲われ、一歩足を踏み入れると、シークワーサーやグアバなどの果樹、沖縄でお馴染みの草花が育つ畑と庭が広がります。

美ら海を眺めながら、沖縄の文化や歴史をリスペクトした館内には様々な感動が待ち受けています!

広大なインフィニティプールに、まるで絵画のように海を一望できる客室、ユニークな沖縄料理の数々に癒されること間違いなし!

住所:沖縄県中頭郡読谷村儀間474

電話番号:0570-073-066

公式サイト:星のや沖縄

⑥沖縄女子旅ホテル:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

この投稿をInstagramで見る

【公式】レクー沖縄北谷スパ&リゾート(@lequ_okinawa)がシェアした投稿

今どきのおしゃれ感と高級感が漂いながらも、意外とリーズナブルな価格で宿泊できるレクー沖縄北谷スパ&リゾート

沖縄本島では珍しい天然温泉、北谷温泉をくみ上げた大浴場でゆったりとくつろぎながら、海を眺めて癒されてみませんか?

また、最上階の8階にはSNS映えするインフィニティプールがあり、眺めは抜群!インフィニティプールから見えるアメリカンビレッジの街並みとあいまって、最高の映えフォトが撮れますよ。

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜34-2

電話番号:098-936-2288

公式サイト:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

⑦沖縄女子旅ホテル:UMITO PLAGE The Atta Okinawa

この投稿をInstagramで見る

イヴレスホスピタリティ(@ivressehospitality)がシェアした投稿

琉球王国の邸宅がテーマで、客室はすべてスイートルームという贅沢な宿泊体験が叶うUMITO PLAGE The Atta Okinawa。開放感あふれるオーシャンビューが広がります。

客室にはプライベートプールがあり、他の宿泊客に会うことなく滞在できるのが魅力。誰にも邪魔をされず、思う存分リラックスできますよ♪

また、お食事も注目ポイントのひとつ!沖縄の食材をふんだんに使った、オリジナリティあふれるフレンチ料理の数々をいただけます。

お値段はお高めですが、いつかぜひ泊まってみてほしい憧れのホテルの1つです。

住所:沖縄県国頭郡恩納村字安富祖1894-1

電話番号:098-970-8820

公式サイト:UMITO PLAGE The Atta Okinawa

⑧沖縄女子旅ホテル:ホテルアンテルーム 那覇

この投稿をInstagramで見る

アンテルーム那覇(@anteroom_naha)がシェアした投稿

感性を磨きたいならホテルアンテルーム 那覇へ。「常に変化するアート&カルチャーの今」の発信をテーマにしたホテルです。アートやカルチャーを通して、沖縄の空気感を楽しめます。

もちろん客室にもアート作品が飾られており、部屋ごとに内容が違うので、何回訪れても新鮮な感動が味わえます。

また、客室やレストランから望むハーバービューの絶景も大人気。その絶景を眺めながらいただく、沖縄近海で獲れた新鮮な魚介類を、宿泊客の好みをリクエストできるイタリアンベースのシーフード料理が絶品なんです!その美味しさにきっと感動するはず。

さらに!リーズナブルなお値段で宿泊できるのも好ポイント♪おしゃれ好き、アート好きは必見です。

住所: 沖縄県那覇市前島3-27-11

電話番号:098-860-5151

公式サイト:ホテルアンテルーム 那覇

⑨沖縄女子旅ホテル:U-MUI Forest Villa Okinawa

この投稿をInstagramで見る

U-MUI Forest Villa Okinawa(@u_mui.okinawa)がシェアした投稿

恩納村の森と広い空に囲まれた、大人のための隠れ家的プライベートヴィラ、U-MUI Forest Villa Okinawaは流行に敏感な女子注目のホテルです。

ホテル名のU-MUI(うむい)とは、うちなーぐちで「想う」と森を意味する「ムイ」をかけた言葉。自然や食、そしておもてなしへの想いを込めて、訪れる人々を出迎えてくれます。

全室スイートルームで、客室によってはプライベートプールも併設されています。自然豊かな森と広い空に囲まれる、プライベート感満載の隠れ家的ホテルです。

住所: 沖縄県国頭郡恩納村山田2455-1

電話番号:098-964-5555

公式サイト:U-MUI Forest Villa Okinawa

⑩沖縄女子旅ホテル:ザ・ブセナテラス

この投稿をInstagramで見る

THE BUSENA TERRACE(@thebusenaterrace)がシェアした投稿

極上のリゾートライフを過ごせるザ・ブセナテラスは、沖縄の海と風、自然を全身で感じられるリゾートホテルです。

お部屋はスタンダードフロア、クラブフロア、クラブコテージの3タイプがあり、なかでもぜひ宿泊してほしいのがオーシャンビューが叶う客室。ベランダから名護の美しい海が一面に広がる光景が眺められます。

お食事は和洋折衷さまざまなレストランがあり、それぞれ一流のシェフがその腕を振るってくれます。

ホテル内には屋内外にプールがあり、特に夕暮れ時は水面にホテルが反射して幻想的な風景が広がります。さらに海でのアクティビティやマングローブツアーなどもあり、ホテル滞在中、まったく飽きることがありません。

住所:沖縄県名護市喜瀬1808

電話番号:0980-51-1333

公式サイト:ザ・ブセナテラス

沖縄本島の女子旅でおすすめしたい観光地

宿泊するホテルが決まったら、次は沖縄の観光スポットを巡りましょう!

定番から話題のスポットまで、コレシル編集部厳選の情報をお届けします。

①沖縄女子旅観光地:美ら海水族館

 

この投稿をInstagramで見る

 

海洋博公園・沖縄美ら海水族館(@kaiyohaku_churaumi)がシェアした投稿

沖縄旅で外せない定番観光地といえば、美ら海水族館は鉄板ですね!

美ら海水族館といえば、世界最大の魚のジンベイザメやナンヨウマンタが生息する大迫力の巨大水槽「黒潮の海」は必見!巨大な水槽で悠々と泳ぐダイナミックな姿は、思い出に残ること間違いありません。

そして沖縄の海といったら、サンゴ礁ですよね。美しいサンゴ礁を鑑賞できる「サンゴの海」水槽は屋根がなく、沖縄の太陽がサンサンと降り注ぐ構造になっています。

なので、太陽の光とサンゴ礁の美しさがあいまって、幻想的な光景を鑑賞できますよ。

住所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

電話番号:0980-48-3748

公式サイト:沖縄美ら海水族館

②沖縄女子旅観光地:体験王国むら咲むら

この投稿をInstagramで見る

【公式】体験王国むら咲むら(@muramura_gram)がシェアした投稿

体験王国むら咲むらは約30の体験工房や闘牛場、熱帯果樹園など様々な体験ができる総合施設です。

体験工房では、シーサー色付け体験やサーターアンダギー作り、沖縄ガラス製作などができ、旅の思い出作りやお土産にぴったりです!

元々はNHK大河ドラマ「琉球の風」のオープンスタジオとして作られ、それが後に沖縄ならではの体験ができる施設に生まれ変わりました。

なので建物は本格的な造りになっていて、SNS映えする写真もたくさん撮れますよ!

住所:沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1

電話番号:098-958-1111

公式サイト:体験王国むら咲むら

③沖縄女子旅観光地:ネオパークオキナワ

この投稿をInstagramで見る

NEOPARK OKINAWA(ネオパークオキナワ)【公式】(@neoparkokinawa)がシェアした投稿

見て、触れて、体験できるネオパークオキナワ。ここではめずらしい動植物を自然に近い姿で鑑賞できます。

特に南国に生息する動植物が数多く展示されていて、アマゾンのジャングル、アフリカのサバンナ、オセアニアの鳥などがいます。年間を通して暖かな気候の沖縄ならではの動植物園ですね。

また園内には機関車が走っており、約20分かけて園内を一周します。時間がない人は機関車ガイドを利用してみるのもおすすめ。

住所:沖縄県名護市名護4606-41

電話番号:0980-52-6348

公式サイト:ネオパークオキナワ

④沖縄女子旅観光地:ナゴパイナップルパーク

この投稿をInstagramで見る

ナゴパイナップルパーク[公式](@nagopineapplepark)がシェアした投稿

沖縄グルメといえば、南国フルーツ!ナゴパイナップルパークでは、まるでジャングルような園内にパイナップルをはじめ、南国フルーツや鮮やかな植物がたくさん植えられています。

ゆっくりのんびりしたい方は、パイナップル号というバスに乗って園内を周遊するのがおすすめ。

ほかにも空中庭園の遊歩道で散歩を楽しんだり、パイナップルカフェでパイナップルスイーツを満喫するのも良し!

パイナップル畑にあるパイナップルのモニュメントの前で写真を撮ると、SNS映えの写真も撮影できます。

住所:沖縄県名護市為又1195

電話番号:0980-53-3659

公式サイト:ナゴパイナップルパーク

⑤沖縄女子旅観光地:美浜アメリカンビレッジ

この投稿をInstagramで見る

🌟Happiness 😊🍍💖(@sma_2020.m.a)がシェアした投稿

地元の若者がお買い物や遊びに来る美浜アメリカンビレッジは、北谷町美浜にある大きなシーサイドリゾートタウンです。

元々米軍基地だった場所を再利用した場所で、アメリカのレトロ文化が色濃く残っています。

アメリカンビレッジはなんといっても、写真映えスポットの宝庫!お買い物や食事はもちろん、写真を撮るためだけに訪れる人も多いほど、人気のスポットです。

歩き疲れたら海辺のカフェでひと休みしたり、ビーチでサンセットを眺めながら、のんびりとくつろいでみてはいかがでしょう?

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1

電話番号:098-926-4455

公式サイト:美浜アメリカンビレッジ

⑥沖縄女子旅観光地:おきなわワールド

この投稿をInstagramで見る

おきなわワールド(文化王国玉泉洞)(@okinawaworld_official)がシェアした投稿

沖縄を満喫できるテーマパーク、おきなわワールドは一日いても飽きないくらい、見どころ満載!

ここでは鍾乳洞探検やハブのショー、三線体験、幸運の白ヘビと記念撮影など、沖縄らしさを思う存分満喫できます。

特に目玉の鍾乳洞の鍾乳石は国内最多を誇る100万本、そして全長5000mの国内最大級で、現在は890mのみ公開されています。

そして同じく人気が高い「スーパーエイサー」も鑑賞しましょう!沖縄の伝統舞踊のエイサーをダイナミックにアレンジしたスーパーエイサーは毎公演人気で、エイサー目当ての来園者も多いそう。

ここに来れば、余すことなく沖縄を楽しめます。

住所:沖縄県南城市玉城前川1336

電話番号:098-949-7421

公式サイト:おきなわワールド

⑦沖縄女子旅観光地:斎場御嶽

この投稿をInstagramで見る

sgr@ty2(@rigeru.5155)がシェアした投稿

斎場御嶽(せーふぁうたき)はパワースポットで、沖縄の数ある御嶽の中でも最高位とされる聖地です。

琉球王国の創世神「アマミキヨ」が作ったといわれ、人気の観光スポットではありますが、今も信仰が続く聖なる空間です。

足を踏み入れると、木々のざわめき、鳥のさえずりなど自然の音が響き、神秘的な空間に心が休まるのを感じるでしょう。

住所:沖縄県南城市知念久手堅455

電話番号:098-949-1899

公式サイト:斎場御嶽

⑧沖縄女子旅観光地:国際通り

この投稿をInstagramで見る

タルトっち(@chocotalt)がシェアした投稿

国際通りは沖縄で最も有名な観光通り。沖縄に初めて来た人はぜひ訪れてください!

全長1.6kmの通りはお土産店をはじめとする店舗が軒を連ねていて、沖縄土産を買うなら国際通りが確実です。

さらに飲食店も豊富にあり、ありとあらゆる沖縄グルメをいただけます。

また、国際通り周辺には那覇市第一牧志公設市場という、沖縄ならではの色鮮やかな魚や地元食材が揃う市場もあるので、そこでお買い物するのもおすすめ♪

住所:沖縄県那覇市牧志

⑨沖縄女子旅観光地:ぬちまーす観光製塩ファクトリー

この投稿をInstagramで見る

福田 美紀(@mikifukuda0000)がシェアした投稿

沖縄の海塩、ぬちまーすをご存じでしょうか?ぬちまーすに関する書籍も出ているほど話題の塩で、美味しいうえに健康・美容にも良いとされる塩です。

そのぬちまーすの工場、ぬちまーす観光製塩ファクトリーではぬちまーすの製造の工場見学ができます。

カフェ・レストランも併設されており、ぬちまーすと沖縄の食材を使ったお料理もいただけます。

また、ぬちまーす観光製塩ファクトリー敷地内には3つのパワースポットがあり、散策するのもおすすめです。

住所:沖縄県うるま市与那城宮城2768

電話番号:098-983-1140

公式サイト:ぬちまーす観光製塩ファクトリー

⑩沖縄女子旅観光地:海中道路

この投稿をInstagramで見る

𝐂𝐨𝐜𝐨✈︎-沖縄移住&月1旅行-(@coco_travel24)がシェアした投稿

車の運転が出来るなら、海中道路でドライブを楽しんで。海中道路はうるま市内から車で行ける4つの離島を繋ぐ道路です。

道の左右に広がるエメラルドブルーの海と潮風を感じながら運転する爽快感はたまりません!

その道中には、SNS映えもするおしゃれなカフェやレストラン、マルシェ、ジュエリーショップなど寄り道したくなるお店がたくさん!

海中道路周辺を探索するだけでも、1日中楽しむことができます。

住所:沖縄県うるま市与那城屋平4番地

電話番号:098-978-8830

公式サイト:海中道路

沖縄本島の女子旅についてまとめ

コレシル編集部が厳選した、沖縄の女子旅プランいかがでしたか?

有名高級ホテルや若者に人気のリゾートホテルまで様々あるので、旅の予算やどんな旅にしたいか考えながら、自分たちの女子旅にベストなホテルを見つけてみてください。

観光スポットも1度の旅行では回り切れないほど、本当に豊富です。沖縄は何度訪れても、新鮮な発見や感動が得られます。

この記事で紹介したホテルやスポットを参考に、思い出に残る楽しい女子旅にしてくださいね♪

  • SHARE

関連記事

カテゴリー