インナーカラーを入れる場所は?ヘアカラーをもっと楽しもう!

インナーカラーを入れる場所は?ヘアカラーをもっと楽しもう!
  • SHARE

さりげなく内側から覗くおしゃれな髪色が楽しめるインナーカラーの人気はとても高いです!

普段なら挑戦できないような鮮やかなカラーでも、インナーカラーならポイントで取り入れられるので挑戦しやすかったり、推しメンのカラーを気軽に楽しめたり、髪型の規則が厳しくても出来たりと納得の評判を得ています。

この記事では、インナーカラーの基本知識やカラーを入れる場所、色落ちしてしまった場合、おすすめのヘアカラーアイテムを中心にお届けしていきます。

インナーカラーとは?

インナーカラーとは、その名前の通り髪の毛の内側の部分だけを染めるヘアカラーのこと。

耳に髪をかけた時やヘアアレンジした時に、ちらりと見えるアクセントカラーがおしゃれ見えし、「全頭は派手に色に染めたくないけど、いつもと気分は変えたい」という時などにも人気のヘアカラー方法です。

髪型の規則が厳しい学校や職場にいる方でも、普段は規定通りの髪色を表面だけ見えるように髪を結ったりして、インナーカラーが見えないように工夫することも可能です。

おしゃれの幅が広がると人気のインナーカラーは美容院で染めてもらう場合と、カラーバターなどを用いてセルフで染める方法があります。

インナーカラーを入れる場所

インナーカラーは髪の内側を染めるので、全頭でなければどこでもインナーカラーと言えます。

なかでも人気のインナーカラーを入れる3つの箇所は以下の通りです。

耳周り

この投稿をInstagramで見る

徳永 将也/インナーカラー/オルチャンヘア(@sakura_tokunaga.s)がシェアした投稿

最もポピュラーなのは、耳周りのインナーカラーです。

耳周りに入れるカラーは「イヤリングカラー」とも言われ、イヤリングのように耳元に華やかさが出て、髪全体も動きがあるように見えたり、抜け感を演出できるので人気のおしゃれカラーです。

耳周り全体に入れたり、もみあげだけ部分的に染めるなど染め方は様々あります。

ヘアスタイルによって、イヤリングカラーをどれだけ入れるかバランスが変わってくるので、美容師に相談するのが一番です。

毛先だけ

この投稿をInstagramで見る

NeF.(@_nef.hair_)がシェアした投稿

毛先だけ染めるインナーカラーも人気です。

「裾カラー」とも言われ、派手なカラーにも挑戦しやすく、気に入らなければ染めた毛先だけ切ってしまえばいいので、取り返しのつかない事態も避けられると人気です。

前髪

この投稿をInstagramで見る

kyoko itai(@k_amberoita)がシェアした投稿

前髪にインナーカラーを施すバングカラーが最近トレンドとして上がってきてます。

人気の火付け役は韓国アイドルで、韓国では「ミストバング(フレーミングカラー)」が特に人気です。

ミストバングは前髪を顔まわりを囲うようにブリーチで明るくしたスタイルのこと。

インナーカラーはブリーチなしでもできる?

インナーカラーはブリーチなしでもできる?

インナーカラーは基本的にブリーチをした上で、希望の色を入れるのが基本です。

でも、ブリーチを入れると髪が傷むので、出来れば避けたいという方もいますよね。

ブリーチなしでもインナーカラーは入れることは可能です。

ただし、ブリーチに比べて出せる色の範囲は限られます。

例えば、ブリーチなしで鮮やかなブ青を入れたいというのは不可能で、ブリーチで完全に色素を抜いてから青を入れないと、キレイに染まりません。

ブリーチなしでインナーカラーを入れる場合は、通常のカラー剤を2,3回塗り重ねて色を出したり、ベースを黒髪にしてインナーカラーは明るめのカラーにすれば通常のカラー剤1回でもアクセントとなります。

インナーカラーが色落ちしてしまったら

インナーカラーも通常のヘアカラー同様に色落ちしますが、色落ちした後のカラーも楽しめるので、色の変化を楽しむということも出来ます。

例えば、青をインナーカラーとして入れたら、青→グレーみのある水色→アッシュグレーに変化します。

染めたての色をキープしたいと思ったら、頻繁に定期的に色を入れ直す必要がありますが、そうでないなら色の変化で長く楽しめるヘアカラーです。

色落ちを出来るだけ防ぐには、カラーシャンプーを使ったり、コテやヘアアイロンでなるべく低い温度で髪を巻いたり、アミノ酸入りの低刺激のシャンプー&トリートメントを使ったりするなどの工夫が必要です。

セルフインナーカラーにおすすめのカラーバター

インナーカラーはセルフで染めることも可能です。

セルフ派に人気のアイテムがカラーバターと呼ばれるもの。

カラーバターとは、ヘアトリートメント剤に染料が入った商品のことで、髪の毛に負担をかけることなく染められます。

また、剤を混ぜて自分だけの色に調合することも出来るので、希望の色にしたいこだわり派にもおすすめです。

ただし、黒髪を明るくする脱色効果はなく、元々の髪色が明るい人に向いているので、髪色が黒もしくは暗髪の人は美容院へ行きましょう。

それでは、カラーバターの中でも人気のアイテムをご紹介します。

1.エンシェールズ

クリップジョイントエンシェールズ

参考価格:2,205円(税込)

詳細

全21色+クリアカラー 200g

カラーバターと聞いて、よく名前が挙がる商品は『エンシェールズ』です。

『エンシェールズ』は成分の90%以上がトリートメントで、髪をケアすると同時にヘアカラーできると話題のアイテム。ダメージが気になる人におすすめです。

色は全21色と、色を調合する用のクリアカラー1色が展開されています。

また、廃盤になってしまった人気色も既存色を混ぜて再現できるレシピも公式から発表されているので、叶えたいカラーを自在に作れるのが人気のポイントのひとつです。

2.パイモア・スペクトラムカラーズ

パイモアスペクトラムカラーズ

参考価格:2,640円(税込)

詳細

全28色 400g

『パイモア・スペクトラムカラーズ』とは、基剤となるトリートメントに保湿力の高い天然のシアバターと高い水分保持力を持つナノリビジュアを配合し、しなやかで艶のある髪にしながら着色するカラーバターです。

カラーバリエーションは豊富で全28色もあり、通常のカラー剤や、ヘアマニキュアにはない質感と表現力が自慢です。

この商品とあわせて、『スペクトラムカラーズ カラーシャンプー』を使えば、色落ちを防ぐだけでなく、徐々に色を入れながら染まり、きちんとヘアケアもできる優れものです。

3.マニックパニック ヘアカラークリーム

マニックパニックヘアカラークリーム

参考価格:3,080円(税込)

詳細

全47色+ミキサー 118ml

『マニックパニック』、通称「マニパ二」は元祖カラーバターで、ニューヨーク発祥のブランド。

自然由来成分で出来たトリートメント成分を配合し、髪や頭皮に優しいカラー剤としてアメリカをはじめとした多くの国の人々に愛されています。

鮮やかなカラーからベーシックカラーまで、どんな色でも揃い、色味も自在に作ることができます。

長年実績を重ねてきた信頼あるブランドを選びたいという方は、マニパ二をチョイスしてみてください。

インナーカラーについてまとめ

インナーカラーはいつもと大きく印象は変えたくないけど、おしゃれ感や印象を少し変えたいという時などにもぴったりなヘアカラー方法です。

セルフでもできるので、初めて挑戦する人はワンデイで染められるカラー剤などで染めてみて、気に入ったら美容院でキレイに染めてもらうというのも手です。

インナーカラーを取り入れて、いつもと違ったおしゃれを楽しんでみてくださいね。

  • SHARE

関連記事

カテゴリー