ハーブピーリングで効果が出る回数や頻度とは?剥離・ダウンタイムなどを解説

ハーブピーリングで効果が出る回数や頻度とは?剥離・ダウンタイムなどを解説
  • SHARE

私たち現代人の肌は、不規則な生活習慣やライフスタイルで肌のターンオーバーが乱れやすくなっています。

そもそもターンオーバーとは、このようなサイクルで行われます。

ターンオーバーの仕組み
[出典]https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/turnover.html

このターンオーバーのリズムが乱れると、ニキビや乾燥などさまざまな肌トラブルを引き起こします。

その肌トラブルを解決するために、肌表面を整えるを整える必要があります。

そこですぐに取り組める対策としてピーリングが挙げられます。

ピーリングは肌表面に残った不要な角質を取り除くことで、肌を整えるスキンケア方法です。

そのピーリングの中でも、肌質改善も期待できるハーブピーリングについてお伝えしていきます。

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは、植物や海藻由来の成分を配合したピーリング剤で肌を整えるピーリング方法です。

従来のピーリングは、肌表面の角質をピーリング剤で剥離させますが、ハーブピーリングのアプローチは異なります。

その仕組みは、ハーブピーリングに含まれる棘状成分と呼ばれる海綿体が肌細胞を刺激し、血流とターンオーバーを促進します。

ターンオーバーを促進したことで、古い角質が自然と剥がれ、ハーブピーリングの様々な有効成分が浸透していき、健康的な美肌が手に入るのです。

従来のピーリングは無理やり角質を剥がす分、肌に必要な分まで剥がしてしまう可能性もあり、むしろ肌荒れの原因になってしまうこともあります。

しかし、ハーブピーリングは肌の再生を促すものなので、肌に負担なくお手入れができるピーリング方法なのです。

ちなみにハーブピーリングには剥離するタイプとしないタイプの2種類があり、その違いはダウンタイムの有無にあります。

ダウンタイムがとれない人やちょっと肌をきれいにするだけ十分という人は、ダウンタイムなしの軽めのハーブピーリングでOKです。

ハーブピーリングの効果について

ハーブピーリングの効果について

ハーブピーリングは肌の代謝そのものを促すので、さまざまな肌質改善が期待できます。

効果①ニキビ・ニキビ跡の改善

ニキビやニキビ跡ができる原因として、肌の新しい肌細胞を作る力が弱っていることが挙げられます。

不安定なターンオーバーの状態だと古い角質が溜まっていき、ニキビやニキビ跡を作り出してしまうのです。

これらを解消するために、ハーブピーリングはうってつけの方法です!

先ほどもお伝えしたように、ハーブピーリングは肌の再生力を促進することで、ターンオーバーを繰り返します。

そのターンオーバーの際にニキビの原因菌であるアクネ菌も排出するので、ニキビやニキビ跡の改善が期待できます。

効果②ハリ・リフトアップ

年齢を重ねると気になるのが、たるみや肌のハリ感のなさですよね。

ハーブピーリングの棘状成分が肌に入り込むことで、筋肉やリンパ、血液に刺激を与え、ふっくらしたハリ・ツヤ、フェイスラインのリフティング効果が得られます。

効果③シミ・くすみ肌を解消

シミ・くすみ肌の原因をそれぞれ見ていくと、シミはターンオーバーされずにメラニン色素が蓄積して表皮に出たもので、くすみ肌は血行不良などが原因となります。

なので、シミ・くすみ肌のお悩みもハーブピーリングで解決できます。

棘状成分が肌に入ることで血流や筋肉などが促進され、パッと明るいイキイキとした肌になり、くすみを解消!

そして繰り返し行うターンオーバーで色素沈着したメラニンの排出を促進し、シミを薄くしていきます。

効果④シワ・毛穴改善

ハーブピーリングは目立つシワや毛穴の改善にも一役買ってくれます。

シワにはターンオーバーの促進で得られた良質な肌細胞がシワ部分に補われることで、シワが目立たくなる効果が◎

そして毛穴もキメが整っていき、毛穴開きが改善されていく効果が期待できます。

  • SHARE

関連記事

カテゴリー