ハーブピーリングで効果が出る回数や頻度とは?剥離・ダウンタイムなどを解説

ハーブピーリングで効果が出る回数や頻度とは?剥離・ダウンタイムなどを解説
  • SHARE

私たち現代人の肌は、不規則な生活習慣やライフスタイルで肌のターンオーバーが乱れやすくなっています。

そもそもターンオーバーとは、このようなサイクルで行われます。

ターンオーバーの仕組み
[出典]https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/turnover.html

このターンオーバーのリズムが乱れると、ニキビや乾燥などさまざまな肌トラブルを引き起こします。

その肌トラブルを解決するために、肌表面を整えるを整える必要があります。

そこですぐに取り組める対策としてピーリングが挙げられます。

ピーリングは肌表面に残った不要な角質を取り除くことで、肌を整えるスキンケア方法です。

そのピーリングの中でも、肌質改善も期待できるハーブピーリングについてお伝えしていきます。

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは、植物や海藻由来の成分を配合したピーリング剤で肌を整えるピーリング方法です。

従来のピーリングは、肌表面の角質をピーリング剤で剥離させますが、ハーブピーリングのアプローチは異なります。

その仕組みは、ハーブピーリングに含まれる棘状成分と呼ばれる海綿体が肌細胞を刺激し、血流とターンオーバーを促進します。

ターンオーバーを促進したことで、古い角質が自然と剥がれ、ハーブピーリングの様々な有効成分が浸透していき、健康的な美肌が手に入るのです。

従来のピーリングは無理やり角質を剥がす分、肌に必要な分まで剥がしてしまう可能性もあり、むしろ肌荒れの原因になってしまうこともあります。

しかし、ハーブピーリングは肌の再生を促すものなので、肌に負担なくお手入れができるピーリング方法なのです。

ちなみにハーブピーリングには剥離するタイプとしないタイプの2種類があり、その違いはダウンタイムの有無にあります。

ダウンタイムがとれない人やちょっと肌をきれいにするだけ十分という人は、ダウンタイムなしの軽めのハーブピーリングでOKです。

ハーブピーリングの効果について

ハーブピーリングの効果について

ハーブピーリングは肌の代謝そのものを促すので、さまざまな肌質改善が期待できます。

効果①ニキビ・ニキビ跡の改善

ニキビやニキビ跡ができる原因として、肌の新しい肌細胞を作る力が弱っていることが挙げられます。

不安定なターンオーバーの状態だと古い角質が溜まっていき、ニキビやニキビ跡を作り出してしまうのです。

これらを解消するために、ハーブピーリングはうってつけの方法です!

先ほどもお伝えしたように、ハーブピーリングは肌の再生力を促進することで、ターンオーバーを繰り返します。

そのターンオーバーの際にニキビの原因菌であるアクネ菌も排出するので、ニキビやニキビ跡の改善が期待できます。

効果②ハリ・リフトアップ

年齢を重ねると気になるのが、たるみや肌のハリ感のなさですよね。

ハーブピーリングの棘状成分が肌に入り込むことで、筋肉やリンパ、血液に刺激を与え、ふっくらしたハリ・ツヤ、フェイスラインのリフティング効果が得られます。

効果③シミ・くすみ肌を解消

シミ・くすみ肌の原因をそれぞれ見ていくと、シミはターンオーバーされずにメラニン色素が蓄積して表皮に出たもので、くすみ肌は血行不良などが原因となります。

なので、シミ・くすみ肌のお悩みもハーブピーリングで解決できます。

棘状成分が肌に入ることで血流や筋肉などが促進され、パッと明るいイキイキとした肌になり、くすみを解消!

そして繰り返し行うターンオーバーで色素沈着したメラニンの排出を促進し、シミを薄くしていきます。

効果④シワ・毛穴改善

ハーブピーリングは目立つシワや毛穴の改善にも一役買ってくれます。

シワにはターンオーバーの促進で得られた良質な肌細胞がシワ部分に補われることで、シワが目立たくなる効果が◎

そして毛穴もキメが整っていき、毛穴開きが改善されていく効果が期待できます。

ハーブピーリングのダウンタイムはどのくらい?

ハーブピーリングのダウンタイムはどのくらい?

さまざまな肌悩みにアプローチできる、優れもののハーブピーリングですがダウンタイムがあるものと、ないものがあります。

なぜダウンタイムが起きるのかというと、ハーブピーリングは角質の自然剥離を促すので、数日間かけて徐々に角質が剥がれていきます。

なので、その剝がれていく期間がダウンタイムとなります。

期間は肌状態や体質によって個人差がありますが、だいたい1週間前後となります。

人によっては、かゆみや赤み、ほてり、腫れ、チクチク感が生じる場合もありますが、それは失敗ではなく、順調にターンオーバーが促されている証拠です。

日が経つと少しずつ肌の薄皮が剥けるようにポロポロと出てきて、1週間後にはツルツルのゆで卵のようなツヤ肌がゲットできます!

ハーブピーリング後のスキンケアについて

ハーブピーリング後のスキンケアについて

ハーブピーリング後は、肌がとても敏感な状態で、良いものも悪いものも取り込みやすくなっています。なのでアフターケアがとても重要です。

毎日のホームケアで健康な肌状態をキープできるので、スキンケアは頑張りましょう!

スキンケア①紫外線を避け、日焼け止めを塗る

施術後は肌がむき出しの状態といっても過言ではありません。

紫外線を受けると色素沈着しやすくなるので、可能なかぎり紫外線を避けて、日焼け止めで肌を保護しましょう。

スキンケア②保湿を欠かさない

順調に新しい肌に生まれ変わるために、保湿はとても重要!

施術翌日~3日ほどは肌がざらついて乾燥しやすいので、しっかり保湿をしましょう。

少しでも乾燥を感じたらすぐに保湿できるように、スプレータイプの化粧水を常備しておくのもおすすめです。

また、サロンによってはアフターケア専用のスキンケアを販売しているところもあるので、それらを活用するのもいいですね。

ハーブピーリングで剥離しないこともある?

ハーブピーリングはターンオーバーを繰り返すことで、不要な角質を剥離させるものですが、まれに剥離しなかったり、剥離できた量が少ない場合があります。

これは、もともとの肌状態が正常にターンオーバーできていて、不要な角質が少ない状態の人がなりやすいです。

なので前回はあまり剥離しなかったけど、今回はたくさん剥けた!といったことも起こりえますので、剥離しなかった=失敗ではありません。

ハーブピーリングの頻度について

ハーブピーリングの頻度について

ハーブピーリングは肌の急激な生まれ変わりを促進するので、短期間で次の施術を受けることはできません。

最低でも2週間は空けましょう。

ベストな頻度はだいたい1か月おきに施術を受けること。肌代謝をキープした状態で、次の施術の効果をさらに高められます。

なぜかというと、1か月以上空けてしまうと、せっかく良くなったターンオーバーが元の乱れたサイクルに戻りやすくなってしまうからです。

なので、ハーブピーリングの効果を維持したいなら、肌の代謝をキープし続けることです。

どうしてもハーブピーリングを受けるタイミングが難しければ、生活習慣を見直しましょう。

質の高い睡眠をとり、栄養バランスの良い食生活を心掛け、サプリなどで美容成分を補って、代謝のいい肌の状態をキープしましょう。

代謝を促す美容鍼を受けるのもおすすめですよ♪

ハーブピーリングは失敗や副作用はある?

ハーブピーリングは安全なピーリング方法ですが、まれに失敗もあります。

その一例でニキビや肌荒れの悪化が挙げられます。

というのも、元々肌のバリア機能が弱っている状態で、急激にターンオーバーを促したら、急ごしらえの脆い角質層のバリアでカバーするしかなく、ニキビや肌荒れや悪化してしまうというものです。

これは繰り返し施術を受けることで徐々に改善されるので、1回目がダメだったからといって諦めてはいけません。

エステティシャンと相談しながら、根気強くケアを続けていくのが美肌への近道です。

副作用に関して、肌の赤みやチクチクした痛みを心配される方もいますが、これも安心してください。

肌細胞が活性化している証なので、副作用というよりも好転反応に近いです。

万が一、どうしても我慢できない痛みや1週間以上も同じ症状が続くようでしたら、皮膚科を受診しましょう。

その際に施術を受けた店舗にも連絡するのも忘れずに。

ハーブピーリングについてまとめ

あらゆる肌質改善に効果的なハーブピーリングの効果やアフターケア、ダウンタイムなどについてお伝えしました。

ハーブピーリングはあらゆる肌悩みに対応しますが、万能なスキンケア方法ではありません。

肌の代謝をキープするために、生活習慣などを見直したうえで、自分の肌状態とよく相談し、適切な施術を受けて理想の美肌をゲットしましょう。

サロンだけでなく、自宅でお手入れできるハーブピーリングのキットも販売されています。自分のライフスタイルに合った方法でお手入れしてみてくださいね♪

  • SHARE

関連記事

カテゴリー